太田区の葬儀で最後のお見送りができました

遺言状通り質素な葬儀にした

太田区 葬儀 | 家族葬の市民セレモ

遺言状通り質素な葬儀にした葬儀スタッフの丁寧な対応が助かった料金面でも信頼できる対応だった

祖父が亡くなってしまい何処の葬儀会社にすればよいのか悩んでましたが、居住地でもある太田区で探すことにしました。
遺言状により質素な葬式であまり残された人に迷惑をかけないようにということだったので、家族葬で密葬という形で執り行うことになりました。
それに伴い業者さんも家族葬に対応しているところに任せたのですが、自宅まで説明に来てくれた業者の担当者の方は非常に丁寧に説明してくれて、私達遺族に対しての配慮をしてくれたのを忘れることができませんでした。
この業者さんで良いと思ったので、早速遺体の搬送をお願いして斎場まで移し、こぢんまりとしたキレイな印象の斎場に安置されました。
納棺の儀式は次の日に行う予定だったので、しばし最期のひとときを過ごすことになったのですが、悲しい中にも祖父との思い出をゆったりと思い出せる空間が本当に良かったと思います。
次の日になると納棺師の方が訪れてくれて、着替えを済ませて無事に棺に納められました。
丁寧に行ってくれたのでこれで無事に祖父を見送ることができたと思ったのを今でも覚えています。
通夜をとり行いましたが、形式は自由で祭壇に献花をするだけの質素なものでした。
祖父は飾らない性格でしたので、これでも最高の形で供養ができたとおもっています。

大田区で家族と親戚で母の葬儀を

数年前に大田区に暮らしていた母を亡くしました。多くの人から葬儀をした時のことを、ある程度の覚悟はしていたがいざそういう自体になると自分が何をしていけばいいのか全く分からず困った、ということを聞くことがありました。ところが私の母はずっと以前に父と死に別れて一人で兄弟を育ててきたことも関係していたのでしょうか自分が死んだ後のことも段取りをしていたのです。葬儀は本当に身近な母の姉弟と私たち子どもの家族で送ってほしいのとのことは聞いていました。本当は葬儀も不要だとも思っているがそれでは後の家族が気持ちがすっきりしないだろうから、少ない人数で経済的にも楽な方法でしてほしいと言っていたのです。母が元気な時にはただなんとなく聞きながら分かったと答えていました。母が亡くなって直ぐに母の気持ちを細かに記したものを見つけ兄弟で驚いたのです。自分が死んだら安置は自宅で、そしてできれば葬儀社は⚪︎⚪︎に依頼して、全てを質素な式にして、お金は現金で⚪︎⚪︎円を用意してあるのでこの分で賄ってほしいとあったのです。いつも誰にも迷惑をかけたくないと気丈に生きた母がそこにいるようでした。母の気持ちに応えて私たちの負担も無く送ることができたのです。